バラシクロビルとは

ゾビラックスとバルトレックスならどちらがお得?

バラシクロビルの働きや使用方法について

バルトレックスの有効成分であるバラシクロビル (Valaciclovir)の正しい成分名は、塩酸バラシクロビル(バラシクロビル塩酸塩)と言います。その働きは、体内に吸収されてからアシクロビルに変化してヘルペスウイルスの細胞内に取り込まれます。

細胞内に取り込まれた時点でアシクロビルとなっている為、後は、同じようにウイルスのDNA合成を妨害し抗ウイルス作用を発揮するというものです。

バラシクロビル(バルトレックス)とアシクロビル(ゾビラックス)の違いは、必須アミノ酸の一つであるバリンが結合しているかどうかであり、この違いによってアシクロビルよりも消化管からの吸収が良く、1日の服用回数も少なくできるというメリットがあります。

どちらも、製薬メーカーは同じグラクソ・スミスクライン社で、アシクロビルを元に開発されたのがバラシクロビルとなっている為、その分、薬価も高くなっていると考えられます。

バラシクロビルの使用方法は以下の通りです。

症状使用方法
単純疱疹バラシクロビルとして500mgを1日2回経口服用
帯状疱疹バラシクロビルとして1,000mgを1日3回経口服用
性器ヘルペスの再発抑制バラシクロビルとして500mgを1日1回経口服用
HIV感染症バラシクロビルとして500mgを1日2回経口服用

症状が現れてから服用までが早い程効果が期待できる為、皮膚へ出現後5日以内に服用を開始し、7日間服用しても効果が無い場合は、他の治療法へ切り替えられます。

本剤やアシクロビルの使用によって過敏症を起こした事がある場合は、使用する事は出来ません。また、腎機能障害がある人や妊婦は、使用には十分な注意が必要です。

この他にも水痘の症への使用も出来ますが、個人輸入で入手する事を前提とすると、自分以外への使用は薬事法に触れる為いずれにしても小児への使用は出来ません。

MENU