ヘルペスはかさぶたでもうつる?

ゾビラックスとバルトレックスならどちらがお得?

口唇ヘルペスはかさぶたならうつる心配無し

口唇ヘルペスは、意外と他人にうつりやすいため、発症中は周りにも配慮すべきと聞きます。具体的には、コップや皿を共用しないようにしたり、ボトル飲料の飲み回しや、キスなどの口部の接触を避けたりしなければいけないだけでなく、患部を触れた指で他人に触れないようにもすべきだそうです。

改めてみると、結構面倒臭いと思います。それだけ、ヘルペスウイルスは強いということなんですね。ただ、これらのことを、自然治癒するおよそ2週間の間ずっと実践しなければいけない、というわけではないみたいです。

具体的には、水膨れが消えて、患部がかさぶたになったら、他人にうつる心配はもう無いため、普通にしていて良いとのことでした。

ただし、かさぶたになったからと言って、発症している人はまだ安心できないそうです。なぜなら、かさぶたの段階から、症状がぶり返してしまうケースも、一定数あるからです。

そのため、かさぶたはなるべく剥がさず、自然にとれるのを待つのが一番安全とのことでした。

もし、かさぶたを無理やり剥がしてしまうと、痛いのを我慢して患部に再び薬を塗らなければいけないそうなので、私もいざという時は気を付けるようにします。それにしても、口唇ヘルペスってありふれた病気の割に、意外と面倒臭いんですね。

MENU